直線上に配置

装置ができるまで
(スタッフのブログより)

装置が出来るまで①

矯正を始めたら、すぐ装置がつくわけではないのですか?
と、患者さんから聞かれることがあります。

そういう私も、衛生士になるまでは、そう思っていました。
装置(いろんな種類がありますが・・・)が患者さんの歯にセットされるまでを、
シリーズにしてみたいと思います。
まずは セパレートといって歯と歯の間にゴムをはさみます。

セパレート

イノウエ矯正歯科で使っているのは、水色のゴムです。

歯と歯の間に少し隙間を作るためにこのゴムをはさみます。
なぜ隙間が必要かは 次回・・・ 



装置が出来るまで②

前回のセパレートの続きです。

セパレートで歯と歯の間に隙間をつくりました。
その隙間を使って、歯に金属のわっか(バンドと言います)をあわせていきます。

歯の大きさは、人ぞれぞれなので、その人の歯にあった
バンドを、探していくことになります。

詰め物が入っている歯や、複雑な形の歯、歯と歯の間がキチキチで
セパレートの効果が出にくいタイプの歯の持ち主の方は、
バンドをあわせる作業に手間取ることもあります。

バンドはうすい金属ですが、セパレートを入れてないと、
歯と歯がくっついていて、無理やり押し込むことになります。
なるべく、痛みのない状態で、バンドをあわせたいので、
セパレートに来ていただいています

バンド


このように、歯にフィットしたバンドをあわせ、歯型を採ります。

続きは、また次回…



装置が出来るまで③

装置のためにミント味の粘土のようなもので、歯型を採ります。
(歯科用語では「印象を採る」と言います)

採った印象に、あわせたバンドを戻して、口の中と同じ状態を作ります。

バンド バンド

 歯からバンドを外して印象にはめると、こんな感じです

その印象に石膏を流して模型にします。 つづきは次回…



装置が出来るまで④

矯正治療のなかでは、

  1. 装置を作るため
  2. 資料のため(現在の歯並びが分かるように)
  3. 院長が立体的に歯を見たいときに

などに、印象を採ることがあります。

「この間採ったのにまた??」と聞かれるときもありますが、
目的が違うことがあるのです。

また歯は日々動いています。
過去と全く同じ歯の位置は、ほとんどありません。正確な模型を作るためには、
どうしても必要なことなのです。

印象を採られたことのある方は、お分かりだと思いますが、
正直気持ちのいいものではありません。
大変ですが、ポイントを少し
体の力を抜いてリラックスしてお鼻で呼吸をすると
比較的楽に採れます。続きは次回…



装置が出来るまで⑤

前回は印象(歯型)を採るところまででしたね。

ここからは、☆技工部門☆になります。

イノウエ矯正歯科には、常勤の技工士が一名、アルバイトが一名
勤務しています。
常勤は3代目になり、初めての男性技工士です。
アルバイトも今までは全て女性でしたが、現在は男性です。

たまーに診療室に顔を出すことがありますが、1階に技工室があり、
(診療室は2階、待合室は3階です)
普段はそこで、装置を作ったり、模型を作ったりしています。

普段の診療の中では見ることが出来ない所なので、
写真もいっぱい使って、説明していきたいと思います。

印象(歯型)にバンド(金属のわっか)を戻して
石膏を流して模型にしていきます。

バンド

まず、前準備です
バンド石膏を流している間に動かないように、針金で固定します。

次に、ワックス(熱で柔らかくなる、ロウのようなもの)をバンドの内側に流し込みます。

ワックス

これは、バンドに熱を加えた時に、石膏バンドがくっつかないようにするためです。

ここで、石膏の登場です。

バンド バンド

石膏に水を加えてまぜ        どろどろにします

バンド バンド

印象石膏を流して行きます  形を整えて、固まるのを待ちます

出来上がりは、もうすぐです。続きは次回…     



装置が出来るまで⑥

石膏が固まったら、その模型にあわせて、
ワイヤー(針金)を曲げていきます。

バンド

装置によって形は様々です

ワイヤーを自在に曲げる、技工士さんはすごい!!
簡単そうだけど・・・やってみると、あらぬ方向に曲がって
とても難しいのです。

次に熱した金属を溶かし、曲げたワイヤーバンドを接着させます

模型から外して、キレイに研磨します。
これで技工は完成です☆

装置の印象を採ってから、1ヶ月くらいで出来上がります。

今回の装置は、クウォード・へリックス(Q.H)と言う装置です。

バンド

ループが広がろうとする力うを利用して、歯列の幅を広げていきます。

ついに次が最終回です。



装置が出来るまで~最終回~

患者さんのお口に装置が入ります。
装置をセットするお約束の少し前に、再度セパレート
入れます。(装置が出来るまで①参照)
前回は、1個ずつバラバラのバンドをあわせたので、
多少隙間が少なくても、押し込むことが出来ました。

しかし、装置が出来てくると、バンドが2個セット(3個・4個の装置もあります)
になっているので、隙間が少ないと、難しくなり、痛みがあることもあります。

クウォード・へリックス(Q.H)の場合は、ワイヤーの部分を歯列の幅より
広げてセットするので、押し込まれる感じがあると思います。

バンド

それもこれも、歯を動かして、キレイな歯並びにするためです。
(小さいお子様でも、大丈夫なので、心配はないです!)

その日から、歯は動き出します。
また、装置の周りの歯磨きが難しくなってきます。
歯だけなく、装置の上、装置と歯茎の間もしっかり磨いて下さい。

キレイな歯並びを目指して頑張りましょうね!!




トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置
Copyright© 2010 Inoue Orthodontic Clinic. All rights reserved.